ツボは、「それを刺激することにより、肉体に何らかの生理的変化をもたらす、体表に現れたポイント」と定義できます。
 そして、関連するツボとツボを結び付けていき、エネルギーの流れ道として体系付けたものが「経絡」です。

ツボ(経穴)ー全身の臓器の情報

ツボとは

 指先で探っていきますと、ツボの部分は周囲と比べて窪みとして認識できますので、「ツボ=壷」と呼ばれます。

 ツボの発見の歴史は、古代中国において、病人の特定の部位を押して刺激すると特定の反応(痛みが減少するとか嘔吐が止まるとかむくみがおさまるとか)が現れることに気づいたことから始まります。
 そして、症状とそれに効くポイント、すなわちツボ(経穴)との関連性が、次々と発見されていき、そのデータを積み重ねて、ツボ(経穴)の本質、すなわち身体内部の各組織や臓器の異常が体表上のどの位置にシグナルを現すかという関係性が2000年以上も昔にまとめ上げられ、鍼灸医学として確立されたのです。

犬、猫、馬、牛などの家畜のツボについても、同様に中国で確立されたものです。

 ツボ(経穴)は全身に存在し、人では2000以上もあると言われています。
これら経穴のうち、経絡上にあるものを「正穴」、経絡以外にあるものを「奇穴」と言います。
 正穴は数がきまっていますが(約360個)奇穴は千個以上あると言われています。
 さらに、奇穴の内には個体によって、あるいは日によって場所が変わるツボ(阿是穴)もあり、これを含めると、ツボはまさに無数に存在すると言えるのです。

 以上の如く、ツボは全身の臓器の情報が体表に表れている生理現象として捉えられ、それぞれが、特定の臓器と、経絡を介して繋がっていると考えられています

 そして、ツボ刺激=臓器の刺激と考えられ、
鍼灸や指圧は「体表のツボに刺激を与えることによって、経絡を介して目的の臓器に良い刺激を与え、自然治癒力を励起することで、その臓器を治癒に向わせる療法」として現在まで伝えられてきています。

 ツボは、臓器の状態が悪い時には容易に見つかりますが、異常の無いときには認められないこともよくあります。

 また、ツボは身体内部が体表に発した内部情報の信号の様なものですから、同じツボでもその時の身体の状況に応じて何に効くかが違ってきます。

 また生物の常として、ツボの位置には個体差があります。

ツボ図絵

 身体の内部の、どの部分が悪いと体表のどの位置にツボとしてシグナルを出して異常を訴えるかを一覧表にしたものが、「ツボ図絵」です。


経絡-生命エネルギーの流れ道

 東洋医学では、氣=生命エネルギーの流れる道筋を「経絡」と呼びます。

 経絡は、体内では五臓六腑と連絡しつつ、体の表面では、主要なポイントに経穴(ツボ)を開いています。そして、氣はこの経絡を通って全身に隈なく行きわたり生命を支えてくれているのです。

 「経絡」は経脈と絡脈の総称で、「経脈」は、体内を直進する主流径路、「絡脈」は、経脈から枝分かれして、全身を網目状に走る副流経路です。

 実際の鍼灸治療や家庭でのツボマッサージに重要でよく使われる経絡は、「十二正経」と「十四経脈」と呼ばれるものです。

 十二正経と十四経脈

 万物と同様、経絡もまた陰陽に分類され、四本足で立った時に太陽が当たる部位(背中や足の外側など)を「陽」、日陰になる部位(お腹や足の内側)は「陰」とします。

十二正経とは、                                          前肢を走る3陽経(大腸経、三焦経、小腸経)と3陰経(肺経、心包経、心経)            後肢を走る3陽経(胃経、胆経、膀胱経)と3陰経(脾経、肝経、腎経)               以上の合計12パターンの経脈のことを言います。                        十二正経は体の正中線を跨いで、左右対称に存在します(12x2で24本あります)。

十二正経は一定のパターンで体表を走っており、氣はこれらの経絡内を一定の順路で常に循環しています。これら経絡は体表を走ると同時に体内奥深くでも並行して走り、それぞれ対応する臓腑を通っています。

十二正経を簡単にまとめますと、

  • ①前肢陰経(肺経、心包経、心経)は胸部に始まり前肢末端に終わる。
  • ②前肢陽経(大腸経、三焦経、小腸経)は前肢末端から始まり頭部に至る。
  • ③後肢陽経(胃経、胆経、膀胱経)は頭部より始まり後肢末端に至る。
  • ④後肢陰経(脾経、肝経、腎経)は後肢末端に始まり胸部に達する。

 

 また、体の正中線上には、背側に「督脈」、腹側に「任脈」と言う2つの経脈が存在します。

 これら十二正経と督脈・任脈を合わせて「十四経脈」とします。                  そして主要なツボは、全てこの十四経脈の上に存在しています。

 経絡については、まだまだ奥が深くて、切りがありませんので、ここいら辺で打ち止めにしておきます。

 要は、マッサージをする際には、ツボだけではなく、それに加えて、そのツボが属する「経脈」の走行に添ってマッサージをしてやればより効果的ですよということです。